アクリル板レーザー加工(カット・彫刻)サービス

クリア(透明)板に彫刻を施し、彫刻の形状に合わせてカットしたアクリ屋ロゴ
アクリル板へのレーザーカット・レーザー彫刻加工承ります。オリジナルグッズの製作から複雑なデザインまで加工可能な為、ノベルティや記念品の製作に最適。クリアー(透明)色はもちろん、製品のイメージに合わせてカラーの選択ができるよう様々な色をご用意。1台から量産までご対応致します。

製品特長

高出力が可能なレーザー加工機

アクリ屋ドットコムのレーザー加工はCO2(炭酸ガス)レーザーを使用しており、アクリル樹脂の切断や穴開け加工、彫刻などの幅広い加工を行うには最適なレーザー加工機です。

小ロット・多品種対応が可能

抜き型を製作しないレーザー加工はお客様に加工データ(AI、DXF)をご用意頂くだけで、ご対応致します。店頭看板やサインディスプレイ、オリジナルグッズの製作等、試作品として1台から量産まで幅広くご対応致します。

ノベルティグッズの製作に最適

カットと彫刻を組み合わせた、オリジナルデザインのノベルティグッズ製作もレーザー加工機だけで製作可能。大量生産に向いている為、機械加工よりも短い期間でご対応致します。

複雑な加工が可能

ご支給頂いたデータ通りの製作となり、複雑な切り抜き加工などレーザーでしか対応出来ない難しい加工もお受けしております。また切削加工よりも安価にご対応出来る場合が多いです。

豊富な種類の色

アクリ屋ドットコムならではの豊富な色味をご用意。クリアー(透明)色はもちろん、製品のイメージに合わせ、板色の選択が出来るよう、様々な色の板を取り揃えております。

三つの加工方法

レーザーカット

  • 切断・くり抜き・穴開けなど、アクリル板をカットする加工です。
ロゴ抜きプレート
オリジナルデザインのピック
  • 店舗サイン、販促グッズ等、幅広い加工に対応出来ます。
  • 豊富な色(色見本)を取り揃えており、試作品として1台から量産まで幅広く対応致します。
文字抜き板の表札
切り文字を貼り合わせた銘板
  • 看板等に用いられるアルファベット、数字、文字、ロゴ等の切文字加工も可能です。
アクリル板へのパンチング加工
PCケースのファンカバー
  • 切削加工では難しい加工や加工費が高額な形状も、レーザー加工であればデータ一つで加工ができ、費用も抑えられます。
オシャレなルームミラー
バースデーケーキトッパー
  • アクリルミラー板の加工も可能です。インテリアの一部として、お好きな形状に製作出来ます。

レーザー彫刻

  • アクリル板の表面を削って彫刻する加工です。印刷のように剥がれる心配は無く、耐久性・耐候性に優れます。
名入れフォトフレーム
結婚式のウェルカムボード
  • 記念日の贈答品として、ご希望の文字を彫刻致します。
エントランスサイン
化粧金具を使用し、お部屋の案内札
  • アクリル板に彫刻加工を施すことでPOPやエントランスサイン等に活用できます。
ミラー板を使用したルームキー
ミラー板と黒板で家の表札
  • ルームキーの一部や表札として、ご使用頂けます。

レーザーケガキ

  • レーザー彫刻とは違い、塗り無しの線を一筆書きの様になぞって、アクリル板の表面細く浅く削る加工です。太い線にはなりませんが、治具等のガイドとして文字や矢印を入れる用途に最適です。
PCケースの部品名称
メモリをケガいた定規
  • レーザー彫刻よりも価格が抑えられるため、ガイドの役割としてご使用頂く用途に最適です。

アクリル板の素材を選ぶポイント

彫刻面の違い

押出板
キャスト板
  • 押出板の場合、アクリル板の表面に彫刻を施すと「透明っぽい」仕上がりになり、うっすらと浮かび上がるだけで目立ちません。
  • 押出板の仕上がりに対しキャスト板はアクリル板の表面が「白っぽい」仕上がりになる為、レーザー彫刻に適しています。
  • その他カラー別 彫刻見本はこちら

加工仕様

素材 アクリル
加工出来ない素材 ポリカーボネート/塩化ビニル
厚み カット 最大8mm

8mmの加工は可能ですが、データによって不可の場合がございます。

彫刻 最大30mm
最小サイズ 50x50mm
最大サイズ 860x570mm
端面仕上 若干艶のある細目仕上
寸法公差 機械の特性上、正確な寸法は出ません。
加工時の注意点
  • 板の色や板厚により、マスキングに若干焦げの跡が付着する場合がございます。
  • レーザーカットの場合、始点と終点の交わる部分に一本の筋が残る場合がございます。

製作日数の目安

  • レーザーカットのみの場合

  • レーザー彫刻のみの場合

  • レーザーカットとレーザー彫刻の場合

機械詳細

  • メーカー:コムネット株式会社
  • 型番:SPIRIT GLS 80W

イラストレーターデータの作成方法

  • 加工を施す板の寸法はアートボードで指定しないで下さい。
  • aiデータにテキストが含まれている場合、必ずアウトライン化した状態のデータをご支給下さい。
  • データを作成する際は全て原寸大にして作成して下さい。
  • レーザーカット・レーザー彫刻に限らず、テキストデータは全てアウトラインに変換して下さい。
  • 切り抜き板同士の間隔・カットラインの幅は最低でも2mmは必要になります。それ以下ですと上手く抜き切れない場合がございます。
    • データ作成方法の詳細はこちら

    お見積り依頼はこちら

    注意事項

    • データ内に不備があった場合は、お客様にて修正頂き再度ご支給頂く場合がございます。
    • aiデータ内にテキストが含まれている場合、必ずアウトライン化した状態のデータをご支給下さい。
    • レーザーカットは熱加工により切断を行うため、切断サイズ後の製品サイズは実際のデータより若干小さくなります。そのため切り抜いたパーツを元の材料にパズルのように、ピッタリサイズではめ込む事は出来ません。
    • レーザー加工が施された製品はアルコールでの拭き取りは行わないで下さい。クラックの原因となります。

    関連商品