アクリルの特性と種類

アクリルの特性

ガラスを凌ぐ透明度

光線透過率はガラスを凌ぐ93%(ガラスは92%)。重厚な質感からプラスチックの女王と呼ばれています。

優れた加工性

切断、穴あけ、曲げなど加工の自由度の高い素材で、接着剤による貼り合わせ加工も可能です。

高い耐候性

太陽光や風雨・雪などの気象条件にも優れた耐候性を発揮し、看板や建築材料に適します。

割れ難く安全性に優れる

耐衝撃性に優れており、万一破損しても、ガラスのように大きく破片の飛び散ることがありません。

耐候性 屋外で使用しても特に問題ありません。自動車のランプレンズや電飾看板のカバーもアクリルです。透明度や強度の低下は極めて低い素材です。条件により異なりますが、10~20年程度の耐久性があります。着色アクリルは一部退色するものもあります。
燃焼性 燃焼性は木材とほぼ同程度です。着火温度は400℃、一般の消火方法で消火できます。燃焼速度は遅く、引火性はありませんが炎や高温源には近づけないで下さい。
伸縮性

温度変化で長さ1mに付き10℃変化すると約0.7~2mm伸縮します。また湿度によっても伸縮しますので、取り付けの際にはクリアランス(隙間)をみることが必要です。

ネジ穴の詳細
電気絶縁性 高電圧に耐え、絶縁材料として広く利用されております。
使用温度 使用温度はマイナス40℃からプラス65℃です。高温になると変形する性質があります。
硬さ アクリルの表面の固さは、ほぼアルミニウムと同じです。研磨により再仕上げが可能です。
比重・衝撃強度 比重は1.19、耐衝撃強度はガラス1に対し、10~16倍。

アクリルの種類(製法上の違い)

押し出し材

粘土状になっているアクリル樹脂をローラーから押し出して作る製法。

長所
  • 板厚の寸法精度に優れる
  • 接着性に優れている。溶剤接着(溶かして接着する方法)に向く
  • 熱曲げ加工しやすい
  • 安価である
短所
  • 温度や環境の影響により、反りが出やすい
  • 溶液や薬品でクラック(ヒビ)が入り易い
  • 高速切削加工に向かない(過熱部分が融けるため)

キャスト材

2枚のガラスの間にアクリル原材料を注入し、硬化させて作る製法。

長所
  • 押出板に比べて硬度がある(反り難い)
  • 電動ノコギリなど切削個所に熱の掛かる加工がしやすい
短所
  • 溶剤接着に時間が掛かり接着強度も低い
  • 板厚のバラツキがある
  • 高価である

アクリルの色見本

弊社取扱いアクリル板の色見本(カラーサンプル)

アクリルの寸法公差と重量

アクリルの寸法公差、重量計算、耐圧計算、板厚たわみ計算、アクリ屋加工精度