• 8月13日(木)〜8月16日(日)は夏季休業となります。ご注文及びメール回答は休業明けより順次対応致します。
透明アクリル製で、オーダーメイドの機器を製作。
樹脂製品の精密加工で培ったノウハウと技術を発揮して高精度を実現。
単品のご注文も、リーズナブルな価格でご提供致します。

製品特長

中の状態の把握に最適

ガラスより高い透明度93%を誇るアクリルを使用。実験経過や状況を的確に把握できます。

特注製作で1点から注文可能

自社の設備で切削加工から接着まで、全ての工程をこなします。

NC機による高精度加工

NC旋盤・マシニングセンター等のコンピューター制御のマシンを使用。複雑な形状や小さなサイズも高精度に仕上げます。

強度に合わせた接着加工

大型の箱物やアクリルフランジとパイプ等の接合は、強度に合わせて重合接着・溶剤接着が可能です。

製作例

アクリルレンズ

アクリルフランジ+アクリルパイプ接合

特殊形状

  • コストをかけてガラスの試作をしていたレンズ、型を製作して成型していたレンズなども単品から切削プラスチックレンズを製作。
  • 高品質の保証はもちろん、短納期にてご対応致します。
  • 上記の他、様々な形状の実験装置の製作が可能です。
  • アクリルフランジはセミオーダーにも対応しております。
  • 実験装置の接着方法はこちら

    接着方法について

    アクリ屋ドットコムでは一般的な溶剤接着と、強度の優れた重合接着をお客様のご用途に応じて行っております。
    重合接着は必要な強度に合わせ、2種類の方法を使い分けております。必要な強度やご用途をお伝え頂ければ、接着方法をご提案させて頂きます。

    重合接着(テーパー溝加工)(強)

    強度に優れたテーパー溝加工を行った重合接着方法。大きな圧力や荷重が掛かる実験機器や特殊な加圧器等に適します。

    重合接着(中)

    溶剤接着にて接着後、補強的に重合接着。パイプ径、長さが最大に近く、且つ圧力や荷重が掛かる用途向き。

    溶剤接着(一般的な接着方法)

    位置出し段加工後にハメ込み溶剤接着。

    写真は重合剤(モノマー)を着色して接着部分を分かりやすくしたもので、実際は無色になります。

関連商品