アクリ屋ドットコム アクリル材料加工とアクリル製品の"アクリ屋ドットコム"
  ご購入ガイド Q&A 商品一覧 お問い合わせ お客様活用事例 サイトマップ カートを見る  

材料/加工
アクリル板材料
└ 規格サイズ/フリーカット
アクリルDIY
└ 板材加工/パイプ加工
ポリカ/ポリスチレンDIY
└ 板材/中空板材/加工
材料の詳細情報
└ 特徴/色見本/注意
加工方法/工作例
└ アクリル/ポリカ
アクリルの加工方法
アクリルの工作例
ポリカの加工方法
工具/用品
└ アクリル用他工具/用品
オリジナル商品
ポスターフレーム
└ フォトフレーム/イーゼル
専用額/特殊額
└ 立体額/カタログケース
コレクションケース
└ ディスプレイ
パソコンケース
└ PC周辺用品
アクリル家具/雑貨
└ アクリルケース
リビングプラス
└ デザイナーズアイテム
NAME PRINT
名入れオーダー
ORDER FORM
フルオーダー(特注)
FAX注文申込書
OTHERS
お客様の声
商品の発送予定
営業日のご案内
トピックス履歴
リサイクルの申込
町工場のマイスター
アクリ屋ブログ
リンク
会社概要

送料864円(沖縄除く)
10,000円以上お買上げで
送料無料
*一部を除く

 アクリルの加工方法−穴開け-金属用ドリルビットの加工

トップページ > 加工方法/工作例 > 穴開け-金属用ドリルビットの加工
使用工具
製品名
■金属用ドリルビット (弊社未取扱)
仕様

ドリルビット:金属用(高速度鋼)

概要

金属用ドリルビットの刃先を削ってアクリル用に加工。金属用ビットでアクリルに綺麗な穴を開けることができます。サイズの豊富な金属用を加工して、希望サイズのアクリル用ビットへ。

加工難易度
1 2 3 4 5
  お勧め度
1 2 3 4 5
写真をクリックすると拡大を表示します
使用方法  
■ 金属用ドリルビットでアクリル板に穴加工をすると、刃先(切り刃)が板に食いついて、ビットが空回りして貫通しなかったり割れたりしてしまい、綺麗に開けることができません。

■ 金属用ビットを使用する場合は、切れ刃(矢印と赤線部分)が噛んでしまうので、この部分が軸に対して垂直になるように、グラインダーで両側2ヶ所を削り落とします(写真上はビットを斜め上から、写真下はビットを斜め下から見た状態)。

金属用ドリルビットで無理矢理穴を開けると危険ですので、アクリル用に加工してからご使用下さい。

ドリルビットの加工はグラインダーを使用します。ドリルビットを立て気味にして持ちましょう。

ビットをしっかり持ち、刃先を軽く当てながら、少しずつ研ぎます。刃先の状態をチェックしながら、削りすぎないように気を付けて作業して下さい。
グラインダーにドリルビットを持っていかれないように、充分に気を付けて下さい。

写真の赤線部分を削ります(写真下側は写真上側を別方向から見た状態)。切れ刃を研ぐと、芯がずれる場合がありますので、実際に穴を開けてみて確認して下さい。

■ アクリル板に綺麗な穴が開いたら、加工作業終了です。
アクリル以外の適用
ポリカーボネート板 適用
中空ポリカ(ツインカーボ) 不適
ポリスチレン板 不適
アクリルの加工工具に戻る

 

アクリル材料加工とアクリル製品の"アクリ屋ドットコム"
Copyright (C) acry-ya.com. All rights reserved. 「アクリ屋」は株式会社さくら樹脂の登録商標です。
株式会社さくら樹脂 〒222-0001神奈川県横浜市港北区樽町4-13-2
| トップページ | 商品一覧 | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問い合わせ |
アクセス解析