アクリ屋ドットコム アクリル材料加工とアクリル製品の"アクリ屋ドットコム"
  ご購入ガイド Q&A 商品一覧 お問い合わせ お客様活用事例 サイトマップ カートを見る  

材料/加工
アクリル板材料
└ 規格サイズ/フリーカット
アクリルDIY
└ 板材加工/パイプ加工
ポリカ/ポリスチレンDIY
└ 板材/中空板材/加工
材料の詳細情報
└ 特徴/色見本/注意
加工方法/工作例
└ アクリル/ポリカ
アクリルの加工方法
アクリルの工作例
ポリカの加工方法
工具/用品
└ アクリル用他工具/用品
オリジナル商品
ポスターフレーム
└ フォトフレーム/イーゼル
専用額/特殊額
└ 立体額/カタログケース
コレクションケース
└ ディスプレイ
パソコンケース
└ PC周辺用品
アクリル家具/雑貨
└ アクリルケース
リビングプラス
└ デザイナーズアイテム
NAME PRINT
名入れオーダー
ORDER FORM
フルオーダー(特注)
FAX注文申込書
OTHERS
お客様の声
商品の発送予定
営業日のご案内
トピックス履歴
リサイクルの申込
町工場のマイスター
アクリ屋ブログ
リンク
会社概要

送料864円(沖縄除く)
10,000円以上お買上げで
送料無料
*一部を除く

 アクリルの加工方法−基礎工具-メジャー(巻尺)

トップページ > 加工方法/工作例 > 基礎工具-メジャー(巻尺)
使用工具
製品名
■メジャー(巻尺) (弊社未取扱)
仕様

長さ:3.5m(メートル目盛)

概要 材料の寸法を計測するメジャー(巻尺)。アクリル用には3.5mか5.5mのものが使いやすいですが、使用用途に合った長さのものを使用して下さい。テープの幅が広く、ロック機構を備えたものがお勧め。
加工難易度
1 2 3 4 5
  お勧め度
1 2 3 4 5
写真をクリックすると拡大を表示します
使用方法  
■ メジャーは、左写真下側のようにテープ(目盛部分)の幅が広く、数字が太くて見やすいものを使用しましょう。テープの幅が狭いと、途中で折れ曲がってしまい、寸法が正確に測れません。指で押えなくてもテープを途中で止めることができるロック機構を備えたものだと便利です。
■ テープの先端についているツメが前後に動きますが、壊れているわけではありません。材料の端に引っ掛けて測る場合と内側に押し付けて測る場合では、ツメの厚さ分の誤差が生まれるので、それを補正するためにツメの厚さ分だけ動くようになっています。
外寸の測り方
材料の外寸を測ります。材料の端にしっかりとツメを固定します。
メジャーを真っ直ぐ手前に引っ張り、目盛りを読み取ります。正確に測るために、テープと材料の端との間隔を確認して、斜めになっていないかチェックしてください。長い材料の場合は特に気を付けましょう。
■ 長い材料の場合、中央で測ろうとすると斜めに測ってしまう可能性があるので、注意して下さい。
内寸の測り方
材料の内寸を測ります。内側を測る時には、軽く押しつけるようにします(左写真はアクリル箱型ケースを使用)。
強く押しつけるとテープがたわんでしまい正確な寸法が出ないので、対象物を片手で押え、ツメを軽く押し当てるようにして測ります。
テープが真っ直ぐになっていることを確認し、目盛りを正確に読み取ります。
外寸を測る時と同様、真っ直ぐ測る為に、対象物の端にメジャーを当てるようにしましょう。
ミリ単位までの測り方
ミリ単位まで細かく測りたい場合、板の端にツメを引っ掛けて測ると狂いが生じてしまうことがあります。このような場合、メジャーの途中の目盛りを始点として測ると、より正確な寸法を得ることができます(左写真では100mmを始点にしています)。きりの良い単位を決め、始点がずれないようにしっかりと押さえます(ここでは100mmを始点にしています)。
メジャーを真っ直ぐ引っ張って、終点の目盛りを確認します。最後に終点寸法から、始点寸法を差し引きます(写真では700mm-100mm=600mm)。
センチ単位からミリ単位へ

■ 寸法を測ることは、DIYにおける基礎中の基礎です。寸法の計測に慣れたら、センチ単位から図面を起こす際にも使用されるミリ単位に置き換えられるようにしましょう(94.5cm・・・945mmなど)。

アクリルの加工工具に戻る

 

アクリル材料加工とアクリル製品の"アクリ屋ドットコム"
Copyright (C) acry-ya.com. All rights reserved. 「アクリ屋」は株式会社さくら樹脂の登録商標です。
株式会社さくら樹脂 〒222-0001神奈川県横浜市港北区樽町4-13-2
| トップページ | 商品一覧 | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問い合わせ |
アクセス解析