屋外用防水ポスターフレーム 組立手順
付属部品の数量
金具タイプ
パネル
スペーサ
×4
化粧ナット
×4
マウント
×4
タッピングビス
×4
サラネジ
×4
トラスネジ
×3
両面テープ
×1
簡易タイプ
結束バンド
×5
トラスネジ
×3
両面テープ
×1
 
屋外用ポスターフレーム 本体の穴位置
金具タイプの壁への固定方法
<1>ポスターの貼り付け
付属の両面テープで、ポスターをスライド台の上側に揃えて貼り付けます。固定はポスター上部2〜4箇所になります。

<2>スライド台の差込
ポスターフレームの表面を上にして、ポスターを貼り付けたスライド台を差し込みます。
<側面図>



スライド台を差込
<3>スライド台挿入のコツ
スライド台がフレームにぶつかる場合は、スライド台を上に持ち上げながら挿入すると、最後までスムーズに挿入できます。
<4>スライド台の固定
ポスターフレームの裏面を上にして、フレームとスライド台を トラスネジで2〜3箇所固定します。
【簡易タイプの場合】 ポスターのセッティングは終了です。付属の結束バンドでポスターフレームの4箇所を固定して完成です。
【金具タイプの場合】 ステップ<5>マーキングに続きます。
<5>マーキング
ポスターフレームを飾る壁に合わせて、4つ角の穴位置をマーキングします。位置がずれるとポスターフレームが固定できなくなりますので、穴の中心へ正確にマーキングします。

※サイズが大きい場合には安全の為、必ず2名以上で作業して下さい。
<6>パネルスペーサの準備
サラネジをパネルスペーサの大きい穴から差し込み、プラスドライバーで最後まで確実にねじ込みます。

※ねじ込む際に、最初は多少堅い場合があります
<7>差し込みの確認
<6>の作業で最後までねじ込んだ状態を表側から見ると、写真のような形状になります。
<8>マウントの準備
マウントの凹んでいる方向からタッピングビスを挿し込みます。
<9>マウントの固定
<5>で壁にマーキングした位置へ、プラスドライバーを使用して<8>で組んだタッピングビスを壁に固定します。
<10>パネルスペーサの固定
<9>で固定したマウントに、パネルスペーサの大きい穴をねじ込んで固定します。
<11>アクリル板の固定
パネルスペーサのネジにポスターフレームの穴を合わせて、化粧ナットで固定します。
※ネジに入らない場合は、<10>で固定したパネルスペーサを若干緩めて、全てのネジが穴に入ったら、パネルスペーサを増し締めして、最後に化粧ナットで固定して下さい。
<12>完成
ポスターフレームの4箇所を壁に固定して完成です。
---ご注意---
組立手順はYouTubeでもご紹介しております。上のQRコードを読み取り、アクセスして下さい。
設置の壁にビスを保持できる強度が無い場合(柔らかい場合や薄いベニア板など)は設置を中止して下さい。壁の種類によっては付属のビスではなく、市販の壁に合ったビス類に交換した方が良い場合があります。
設置は万が一落下しても人体や大切な物に当らない安全な場所にして下さい。
ポスターフレームを地面に置いた場合、フレーム下方の隙間から雨が浸み込み、ポスターが濡れてしまうため、地面から300mm以上の位置に固定してご使用下さい。
必ず半年に1度はネジのゆるみが無いか点検し、ゆるんでいたら増し締めを行って下さい。
アクリ屋ドットコム(株式会社さくら樹脂)
TEL. 045-547-6372 FAX. 045-547-5945 〒222-0001 神奈川県横浜市港北区樽町4-13-2