アクリル透明イーゼル 組立手順

■構成部品の名称と数量 (組立て説明文の中では、以下の部品名で説明しております)

タンシ x 4 ボールチェーン x 2 M5サラネジ35ミリ長 x 6 M5ナベナジ45ミリ長 x 1
M5ナベネジ30ミリ長 x 1
M5ナベネジ18ミリ長 x 1
M4ナベネジ30ミリ長 x 2
ツマミ x 2
ナット x 9 スプリングワッシャー x 9 フラットワッシャー x 9 ヒンジ x 1 前脚(1000ミリ長) x 2
(穴8ヶ所有り)
組立に必要な工具 (お客様にて準備いただく工具です)
■スパナ(8mm)
■+ドライバー
スパナが無い場合はペンチもしくはモンキーレンチでも代用できます。
 
後脚(952ミリ長) x 1
(穴2ヶ所有り)
ステー(515ミリ長) x 1
(穴3ヶ所有り)
<1>前脚の組立
前脚の端にあるスリバチ状の穴にサラネジ35ミリ長を4ヶ所(片脚2ヶ所づつ)を入れます。
<2>
上下ひっくり反してハの字に置きます。
<3>
<2>の作業後のものに、4ヶ所のネジが合うようにヒンジを差込みます。
<4>
ネジに、
フラットワッシャー
スプリングワッシャー
ナットの順に入れて、
ドライバーとスパナで締め込みます。(4ヶ所)
締めすぎは破損の原因になります。

<5>
ネジ4ヶ所を固定すると、このようになります。

<6>
ここまでの全体写真です。
<7>
<5>の作業後の脚の端から2個目の穴に、下からサラネジ35ミリ長を入れます。(左右1ヶ所づつ)
<8>
<7>の作業後のネジにステーの穴に入れます。(左右1ヶ所づつ)
<9>
ステーを
フラットワッシャー
スプリングワッシャー
ナットの順に入れて、
ドライバーとスパナで締め込みます。
(2ヶ所)
<10>
ここまでの全体写真です。
<11>後脚の組立
ヒンジの側面から開いている穴と、後脚端部に開いている穴を合わせます。
<12>
穴にM5ナベナジ45ミリ長を差込みます。
<13>
<12>作業のネジに
フラットワッシャー
スプリングワッシャー
ナットの順に入れて、
ドライバーとスパナで締め込みます。強く締めると破損の原因になりますので、緩まない程度の締め加減とします。
<14>
ここまでの全体写真です。
<15>ストッパーの組立
ボールチェーンの端にタンシを通します。
<16>
タンシを指で押し付けて写真の形状にします。
<17>
後脚にM5ナベネジ30ミリ長を差込みます。
<18>
<16>作業のタンシの穴を<17>作業のネジに入れます。
<19>
タンシ、
フラットワッシャー
スプリングワッシャー
ナットの順に入れて固定します。
<20>
チェーンの反対側のタンシをステーに固定します。 (ステーの中央の穴に、表からM5ナベネジ18ミリ長を入れ、タンシ、フラットワッシャースプリングワッシャーナットの順に入れて固定)
<21>
ここまでの全体写真です。
<22>台座の固定
前脚にそれぞれ5ヶ所ある穴で飾る額に適当な位置にツマミを合わせ、M4ナベネジ30ミリ長で固定します。(左右1ヶ所)
<23>
ここまでの全体写真です。
<24>
完成です。
<25>
弊社製ポスターフレームスタンダードのA1〜2、B1〜2の場合はズレ留めができます。ポスターフレームの上部中央のネジに付属のボールチェーンを<16>の形状にして共締めします。
<26>
ボールチェーンの反対側にもタンシを付けて、<13>作業のネジに共締めして固定します。
(写真のように余ったチェーンを横から伸ばしても良いが、必ず長さ調整をして、ピンと張る位置で固定します)
<27>
ズレ留めの完成です。完全な固定ではないので、あくまでも、ポスターフレーム脱落防止の補助とお考え下さい。
---ご注意---
■設置場所は、風など転倒の恐れがある場所はお避け下さい。破損の原因になります。
■必ず半年に1度はネジのゆるみが無いか点検し、ゆるんでいたら、増し締めを行って下さい。

アクリ屋ドットコム(株式会社さくら樹脂)
TEL. 045-547-6372 FAX. 045-547-5945
〒222-0001 神奈川県横浜市港北区樽町4-13-2
アクセス解析