フレームの色見本
表板

クリアー


UVカットクリアー
機能詳細1参照


クリアーノングレア
(片面)No1
機能詳細2参照

クリアー耐擦傷(両面)MR
機能詳細3参照

クリアー制電(両面)SC
機能詳細4参照

ガラスエッジ

ピンクエッジ

ブルーエッジ

蛍光ピンクエッジ

蛍光オレンジエッジ

蛍光バイオレットエッジ

蛍光グリーンエッジ
     
※写真はアクリル板の透過性を分かり易くするため、白色紙を透かせて見せています
※写真はモニターの種類や画面の調節によって実際の色と異なって見える場合があります。
中板

クリアー

UVカットクリアー
機能詳細1参照

クリアー制電(両面)SC
機能詳細4参照
   

ブラック

ホワイト

グレースモーク

ブラウンスモーク

オパール

クリアー両面マット

ブラック両面マット

ホワイト両面マット
   

ガラスエッジ

ピンクエッジ

ブルーエッジ

蛍光ピンクエッジ

蛍光オレンジエッジ

蛍光バイオレットエッジ

蛍光グリーンエッジ
     

カーマイン

オレンジ

スカイブルー

レモン
 

集光ピンク
明るい場所
での状態

集光オレンジ
明るい場所
での状態

集光グリーン
明るい場所
での状態

集光レッド
明るい場所
での状態

集光バイオレット
明るい場所
での状態
※写真はアクリル板の透過性を分かり易くするため、白色紙を透かせて見せています
※写真はモニターの種類や画面の調節によって実際の色と異なって見える場合があります。
裏板

クリアー

UVカットクリアー
機能詳細1参照

クリアーノングレア
(片面)No1
機能詳細2参照
※3mmのみ選択可能

クリアー耐擦傷(両面)MR
機能詳細3参照

クリアー制電(両面)SC
機能詳細4参照

ブラック

ホワイト

グレースモーク

ブラウンスモーク

オパール

クリアー両面マット

ブラック両面マット

ホワイト両面マット
   

ガラスエッジ

ピンクエッジ

ブルーエッジ

蛍光ピンクエッジ

蛍光オレンジエッジ

蛍光バイオレットエッジ

蛍光グリーンエッジ
     

カーマイン

オレンジ

スカイブルー

レモン
 

集光ピンク
明るい場所
での状態

集光オレンジ
明るい場所
での状態

集光グリーン
明るい場所
での状態

集光レッド
明るい場所
での状態

集光バイオレット
明るい場所
での状態
※写真はアクリル板の透過性を分かり易くするため、白色紙を透かせて見せています
※写真はモニターの種類や画面の調節によって実際の色と異なって見える場合があります。
<UVカットクリアー 機能詳細1>
UVカットクリアー比較
写真をクリックして拡大表示
UVカットクリアー光透過特性
写真をクリックして拡大表示
紫外線領域の波長(380nm以下)を殆どカットする為、飾る物の変色や劣化を大幅に軽減します。
紫外線カット効果は劣化し難いので、アクリル板の寿命とほぼ同等まで持続します。※環境にも寄りますが、約10年は極端な劣化はありません。
【注意】
3mm・5mm厚のUVカットクリアーは、紫外線を遮断する特殊アクリル材の特性で僅かに黄色い為、飾る物が淡い色調の場合は微妙に黄色掛かって見えることがあります。※2mm厚は除く。
<クリアーノングレア(片面)No1 機能詳細2>
低反射クリアー比較
写真をクリックして拡大表示
アクリル板への写り込みを軽減する特殊アクリル板です。
絵画などツヤの少ない絵などに適します。
【注意】
写真は通常クリアーの方が綺麗に見えます。
光を拡散させるので、細かい部分が若干曇った感じになります。
ノングレア面(低反射面)は表面のみになります。※裏面は通常の光沢あり。
保護紙に文字のある面を表にしてご使用下さい。詳細写真
<クリアー耐擦傷(両面)MR 機能詳細3>
低反射クリアー比較
写真をクリックして拡大表示
アクリル板の表面を硬く傷付き難くした特殊アクリル板です。
固く、傷つき難い特性を持ちながら、優れた耐候性、耐久性を合わせ持っています。通常のアクリル板に比べ表面硬度が2H(鉛筆硬度)→6〜7Hへアップします。
耐溶剤性に優れ、アセトンやメタノールなどの薬品に対する抵抗性が高くなっています。
【注意】
鋭利な釘等では傷が付きます。
耐擦傷面(ハードコート面)は両面になります。
<クリアー制電(両面)SC 機能詳細4>
低反射クリアー比較
写真をクリックして拡大表示
帯電防止膜は耐久性が高く半永久的に持続し紫外線の影響も少ない為、屋外利用も可能です。
優れた帯電防止性能=表面抵抗率が107〜108Ω/□と極めて低く、荷電を与えても帯電しません。
【注意】
制電膜の影響で角度によって若干青っぽく見えます。※左写真確認
印刷や塗装する場合には、帯電防止膜を侵す場合がありますので、事前にテストしてからご使用下さい。
彫刻は通常の押出アクリル板と同様に加工可能です。